FC2ブログ

水戸発 まだまだ折り返し!!

「水戸発」と言う割には、あまり水戸にはこだわっていません。ゴミ集積所のカラス対策がきっかけでした。皆さんのコメントが励みになります。 水戸の事、お年寄りの住環境、デザインの事 etc どーかよろしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北海道と茨城 札幌と水戸

先日(といってももう2週間ぐらい前)地元紙・茨城新聞の真ん中あたりに、
本紙客員のある大学の先生のお話が載っていました。
3月までこちらの大学で教鞭をとっていましたが、退官され 札幌の大学・学長になられました。

その方が見た 北海道と、茨城の比較について、述べられていました。

民間企業から、卒業した大学に就いたのがもう20年ぐらい前だったと思います。
当時。周囲からは「なんで茨城なんかに云々。」と言われたそうです。

今回札幌に 移ることになり、今度は「いいな北海道か、札幌か 云々。」
もし、自分が東京に住んでいて
乞われて、移るとしたら、北海道の札幌と、茨城(水戸でもどこでもまあ、県内として)
大多数の、意見は札幌でしょう。

実際、都市のブランド力としては方や全国一位、方や最下位です。(泣)

環境のせいもあり、冬室内で暮らす時間が長いため、インテリアも洗練されているそうです。
そして、札幌地元民は、地元に誇りをもっているという事です。
もちろん国内だけでなく世界に発信できる力も持っていますよね。

札幌に限らず、道内の方は、地元にとどまり、地元を愛するという意識が高いようです。

今の北海道の季節感は、だいたいこちらの3月ぐらいかな?というのが
1回だけ道南を走ってみた自分の感想です。

年間のうち5か月ぐらいは氷と雪の土地なのに・・・。

その負の側面を見事なまでに逆転させて 生きて世界に発していくのですから
素晴らしいと思います。 

自分の行ったときに一番おいしかったのは、グリーンアスパラでした。

それに引き替え、わが茨城は、などという自虐的な話は、いたしません。(笑)

東京で働いていた時期があり、その時、札幌出身の先輩がいました。
「北海道では、冬の時期工事現場の残業はないんだ、凍死の可能性が高いからな。」
また、別の北海道出身の方が話してくれたのは、
「冬の時期、酔って外で寝ているような人がいたら、誰彼構わず、タクシーとか車で
自宅に送るとかそういう事は当たり前にやっているの、だって死んじゃうから。」
学生時代に、新潟の長岡出身という人が
「関東(茨城とか東京)の冬はいいね、ずっと晴れているし、何と言っても雪がないから
確かに、小学生の頃までは、雪はうれしかったけど、中学高校になればいい加減にしてくれという
感じだったな」

寒いところと茨城の差を少しだけ見たような感じでした。

次は、県内某寺の住職は話してくれた内容です。(過去にも書いたかもしれませんが、対比にはいいかもと思い)
「私は、北陸の雪深い場所で生まれ育ちました。雪深くというと何かロマンチックな感じですが、
それは同時に命のやり取りをするリスクをしょっている場所でもあります。
雪崩しかり、雪の重みで屋根がつぶれるとか、交通網が遮断されライフラインの不通による命の危機等々です。
だから、村内、地区内、隣近所のつながりが深くなります。なんせ命の危険にさらされるわけですから。

それに比べて茨城というところは、夏適当に暑く、冬適当に寒く、一年を通してすごしやすく
食べ物は豊富にあるし、海はあるし、山もまあ適当にあるし川も、湖もあります。
自然から命の危機にさらされる事は、寒冷地に比べて非常に低くなります。
(酔っぱらって外で寝ていても、風邪をひいたぐらいで済んでしまうんですから。)

すると、自然と暇を持て余してきます。やがて隣近所と足の引っ張り合いをするようになります。
そして、他から来た資本による商業施設に人が押し寄せ、自分のところにお金が落ちなくて
茨城の地元の金が、どんどんほかに出て行ってしまう。と 嘆きます。

寒冷地に比べて、気候が温暖で住みやすいという事が、逆に
人間をダメにしているとはいいません。
凄烈な環境の中で命のやり取りをしている場所に住めば、自然とそこで生きる術を身に付けるんでしょう。

自然が相手ならば、やむを得ないと言えるのは日本国内ですよね
これが紛争が続く場所ならば、相手は自然でなく人間が相手ですから
もっと大変です。矛から守るために盾が必要になりますから。

世界の歴史から見たときに宗教とか賢人の成り立ちを思えばもっとよくわかります。
ガンジーが出てきたとき「みんな平等!!」といったのではないでしょうか。
キリスト教の成り立ちには「平和!!」
イスラム教の自然環境は、それに耐えうるだけの教義を行わなければ
死んじゃうよ。という事が発生し、イスラムの世界に広がった理由ではないかと思いました。

新聞に書くという事は、放送コード的なこともあるから、
ある程度ソフトにかかなけばならないでしょうね。

茨城がんばれと、その先生は茨城県内各地の町(街)おこし、村おこし、に力を貸してくださいました。
まいた種がいつかは実るように、
ハスの花だって何千年たっても花を咲かせるんです。
人間の一生は刹那的に短いですから、その種の花を見ることのできるチャンスは少ないかもしれません

でも、日本人1億3千余の人間の、基礎的に持っているポテンシャルは高いですから
可能性は非常に高いです。

さて茨城県民300万弱
札幌的になるか、茨城的のままでいいか
決めるのも自分、受け入れるのも自分です。

今日で連休も終わります。
非日常の空間から、日常に移るために

洗濯と布団干しそれと部屋の掃除と片づけ 
切り替えのためのスイッチはいたるところに転がっていますので(笑)

スポンサーサイト
  1. 2012/05/05(土) 22:41:08|
  2. たまには真面目に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ありがたい お姿 | ホーム | 西の谷公園&千波湖 追補>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ben310.blog80.fc2.com/tb.php/609-242c12ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トーマス・ベンジャミン

Author:トーマス・ベンジャミン
祖父より先祖は
わかりませんが
間違いなく3代前までは
水戸生まれの水戸育ち。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。