FC2ブログ

水戸発 まだまだ折り返し!!

「水戸発」と言う割には、あまり水戸にはこだわっていません。ゴミ集積所のカラス対策がきっかけでした。皆さんのコメントが励みになります。 水戸の事、お年寄りの住環境、デザインの事 etc どーかよろしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画の話 北野武

ビートたけしを初めて、知ったのは 19~20歳ぐらいのオールナイトニッポンでした。
初回の放送を聞いたのをきっかけにそれ以降のオールナイトは聞ける限りきいて過ごしました。

「元旦や餅で押し出す二年グソ、ビートたけしのオールナイトニッポン!!」これが始まりでした。

その後は、ひょうきん族、ウルトラクイズ、スーパージョッキーetc 番組の頭に「たけし」とつくと見ていました。
今みたいに、録画録音とか動画サイトとかの環境はありませんから
見逃したら終わりです。(笑)
それとVTRはありましたが、録画したいとは思いませんでした。

そのうちたけしさんが映画の方に行き始め、
そこで 思わぬエピソードを 聞く事になりました。

自分の親戚の伯父に映画製作の裏方をやっている人がいました。
平成15年に故人となられています。

東京のはずれに住んでいて、ご夫婦に子どもが居ない事もあり
遊びに行くと、酔っ払って映画の話をよくしてくれました。

まだ某若手女優が、前妻とのイザコザでトラぶっていた大物俳優と恋愛関係にあった当時
どーしても役に入りきっていない事に業を煮やした、大物監督が「私生活なんか持ち込んでんじゃない!!」と
怒鳴ったそうです。この現場では石坂浩二さんがいて、自宅でいろいろ作ってきた料理を
スタッフとか現場の方々に振舞ってくれたんだとか。

某ベテラン女優とマージャン卓をかこんでな云々とか。

映画会社を定年退職したあと、某プロダクションに再就職した後らしいのですが、
ある日、北野武作品の手伝いをしてほしいと依頼があったそうです。

映画は「あの夏、いちばん静かな海」
監督に依頼された仕事内容は
「みえない雨を降らしてほしい」というものだったそうです。

「初対面で挨拶をしたあとは、お互い腹のさぐりあいでな、
酒をのんで段々打ち解けて 本音をさらけだしていくんだよ。
でもな、すごく丁寧な人で まじめな人だったな。」

市川昆、黒澤明、稲垣浩、岡本喜八、古沢憲吾、近くだと、小泉尭史、(敬称略)他 昭和の名監督の元で様々な仕事をしてきた年寄りの自分が何で
いまさらという感じだったらしいです。

あくまで自分の勝手な想像ですが、たけしさんと親交があった黒澤監督か、石坂浩二さんあたりのアドバイスがあったのかもしれません。
そういえば、石坂浩二さんは伯父の葬儀に来ていただいていました。

昨年でしたが、伯母からうちに連絡があり、「ビートたけしさんが、自宅にいきなり来てさお線香をあげさせくださいって、
すごい車で来たけど運転手さんとか少ない人だけだったよ。」って

映画1回だけのお付き合いだったのですが、誰かに聞いたんでしょうね、たけしさん。

たけしさんの人情味あふれるエピソードは枚挙にいとまがありません。

たまたま同じ飯屋で一緒になった若手芸人の飲み食い代を支払ってあげて
それを知った若手芸人がたけしさんを追っかけて 最敬礼でお礼を言うと
照れくさそうに「あんちゃんが冠の番組をもったら使ってね。」と言ったとか
まだそれほど売れていなかったさまぁ~ずに番組内でわざわざ振って
目立たせてあげたり、気配り目配りの出来た人なんですね。

身内ではないので、これらのエピソードがどこまでほんとで
計算かはわかりませんが、伯父夫婦の話を聞く限り、自分はたけしさんの
TVでは見られない、一面を聞く事が出来て幸せです。

たけしさんとは関係ないんですが、生前伯父は、こう言っていました。
「映画の製作とかにかかわらないなら、映画はスクリーンの前で見ろ、
あれこれ詮索したってなにも面白いもんではないぞ。」

今では、ネットや様々なメディアでスクリーンの向こう側を紹介してくれますが
「映画はスクリーンの前で楽しむもの」としています。
それでなおかつ興味があれば、あれこれとやる事にしています。

単純に楽しめる映画ばかりではないかもしれませんが
そのように心がけています。


スポンサーサイト
  1. 2011/08/11(木) 22:31:25|
  2. モノローグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京の休日 その① | ホーム | 短い短い、怪談?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ben310.blog80.fc2.com/tb.php/585-1c8d0508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トーマス・ベンジャミン

Author:トーマス・ベンジャミン
祖父より先祖は
わかりませんが
間違いなく3代前までは
水戸生まれの水戸育ち。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。