FC2ブログ

水戸発 まだまだ折り返し!!

「水戸発」と言う割には、あまり水戸にはこだわっていません。ゴミ集積所のカラス対策がきっかけでした。皆さんのコメントが励みになります。 水戸の事、お年寄りの住環境、デザインの事 etc どーかよろしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短い短い、怪談?

IMG_2179.jpg
黄門まつりも、雨にあうことも少なく、無事 終わりました。
また来年まで。 自分は数少ないなじみのお店に行こうとしたら
なんと閉まっていたのでした。

祭りの夜のかき入れ時と思ったのですが、
仕方なく、他のお店で 甘味を頂き ご馳走するつもりが、ご馳走されて(汗)
それでも、なんとか 中学時代に思い描いていた
青くて甘酸っぱい気分に浸ろうと、奥さんにお願いして、お付き合いしていただきました。 

もうかれこれ20年ぐらいになりますが、あっという間ですね。
ジャネーの法則というそうです。5歳の子どもの時間感覚と50歳のおやじの時間感覚は10倍のスピードだというらしいです。
確かに小学校の頃の夏休みの始まりは無限に休みが続くような気持ちでした。

さて前ふりが長くなりました。
本題に入ります。

IMG_2181.jpg
別に心霊写真ではありません。
こういう写真を一枚ぐらい載せておかないと気分がでないかな?と
思いました。 

もし、何か人間でない何かが写っていたら、お知らせ下さい。(笑)

お祭りも終わり、今年もお盆が近づいてきました。
今からお話しするのは短いダイジェストと思ってください。

今からそう40年ぐらい前でしょうか。
当時自宅でとっていた地元紙に、「水戸の怪談」というものが載っていました。
小学生当時の記憶をたどる程度ですから、
場所の説明程度と思っていただければ結構です。

「青川を見るな」
大工町の再開発も始まりましたが、大工町の背中は千波湖から続く「西の谷」の終わりになっています。
もう、今はコンクリートのふたをしている生活排水流れ込んでいる川が西の谷の隅っこを流れ、
桜川に注いでいるはずなんですが、自分が子どもの頃はまだドブ川で、蓋もしていない幅2mぐらいの
用水路のような感じでした。

その川を「青川(アオカワ)」と言ったらしいです。
その川を見ると、熱がでるとか祟られるとかです。

「商店街に鈴の音を響かせていく塊が行くと、商店街は廃れる」
読んだとおりで、何もオチは無くて申し訳ございません。
でも、今の上市の表通りは、鈴の音が幾度も往復してしまったのかもしれません。

他にもあったと思うんですか、この2つを覚えていました。
特に青川は歩いてもいける場所だったので、怖かったですね。
蓋のしていない場所だから、子どもが危ないと思って大人がそのような
言い伝えを残して危機回避をしたのかも。

もし、詳細をご存知の方がいましたら、お教え下さい。
40年ぐらい前の「茨城新聞」か「新いばらき」のどちらかに記載されていました。

今度の日曜日は亡父の兄2人が祭られている、東京の神社に行ってきます。
昨年から今年までの報告とか、お詫びする事もあるし(汗)、昨年夏に続いてです。

ひとつも怪談ではありませんでしたね。
すみません。m(_)m



スポンサーサイト
  1. 2011/08/08(月) 23:12:11|
  2. 水戸のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画の話 北野武 | ホーム | 祭りの休日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ben310.blog80.fc2.com/tb.php/584-0f4707cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トーマス・ベンジャミン

Author:トーマス・ベンジャミン
祖父より先祖は
わかりませんが
間違いなく3代前までは
水戸生まれの水戸育ち。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。