FC2ブログ

水戸発 まだまだ折り返し!!

「水戸発」と言う割には、あまり水戸にはこだわっていません。ゴミ集積所のカラス対策がきっかけでした。皆さんのコメントが励みになります。 水戸の事、お年寄りの住環境、デザインの事 etc どーかよろしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネコいらずではありません。 (ネットいらす)

IMG_0314.jpg

洒落にもなっていないような、タイトルで、ごめんなさい。

ゴミ集積所のテグスを、イタズラ(切られる)されないように
するための 看板を設置しました。


IMG_0317.jpg

前の写真は、集積所のフェンス(手すり)部分です。
この写真はゴミを出している電信柱 にも 取り付けました。

IMG_0315.jpg

この手すりに、カラスが止まります。
そして地面に降りて ゴミ袋を破いて、中身を引っ張り出して
中の美味しい部分(多くは動物性脂肪とかマヨネーズとか)
を食べます。

散らすのは、エサ部分にたどりつく為には
袋をほどいて…なんてやっている暇はないのですから
速攻、破いて散らして出して食べる。
そして逃げる。です。

明け方、よく50号バイパス沿いとか、けやき台の大型家電店の屋上かた
飛び立つのを見ます。

その部分にこのような仕掛けを設置すれば、カラスの寄り付きは
防ぐ事ができます。

笠原の保健センター近くの電線になぜ、カラスが止まらないか?
あの近所の電線をよーく見ると、電線の上部におまけみたいな
線が張ってあるのが見えます。これが、カラスを止まらせない為の電力会社の方法のようです。

実際、水戸市内にあるいくつかの建物に設置しましたが、今のところ 
カラスによる被害は出ていないようです。

中には既存建物でカラス被害にあっている建物に設置したこともありましたが
それ以降、ないようですから 効果はあるみたいですね。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/26(水) 12:45:03|
  2. カラスとゴミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<いまどきなのかな? | ホーム | お菓子では、ありません。 >>

コメント

光さま-テグスの進化系

いつも、ありがとうございます。
笠原水源の杉林(たぶん国有林)を伐採すれば、カラスは巣がないので
どうにかなると思うのですが。

テグスの進化系と書いたのですが、
家庭菜園のトウモロコシは美味しいから
やられるんですね。

張ったテグスにテグスの縄のれんをつけてみてはどうでしょうか。
カラスは羽根がテグスに触れるのが
嫌がるみたいなので、トウモロコシ畑の周囲で、カラスがトウモロコシを食べるあたりに
テグスを垂らす事を試されるといいかもしれません。

言葉ではわかりにくいので「縄のれん」と
書きました。

カテゴリーで、カラスとゴミというのが
ありますので、そこで縄のれんについて
書いてありますのでご参考になればと思います。

  1. 2009/08/29(土) 16:30:54 |
  2. URL |
  3. トーマス #-
  4. [ 編集]

確かに・・・・効き目ありましたよ。
僕の家庭菜園でトウモロコシ・スイカをつつかれしまいテグスを張りました。

でも、でも、今年はそれでもトウモロコシがつつかれました~
食べ物があると、警戒しながらも学習能力があるみたいです。
近所の菜園先輩、オバサンの話ではネットをくぐり食べ物をゲットしてから又ネットを口ばしで持ち上げて逃げていくといってました。

カラスの死骸をぶら下げるのがいいとかも、でも手に入りませんですし、キモイかも? (笑)
  1. 2009/08/29(土) 08:13:24 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ben310.blog80.fc2.com/tb.php/533-64b3a407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トーマス・ベンジャミン

Author:トーマス・ベンジャミン
祖父より先祖は
わかりませんが
間違いなく3代前までは
水戸生まれの水戸育ち。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。