水戸発 まだまだ折り返し!!

「水戸発」と言う割には、あまり水戸にはこだわっていません。ゴミ集積所のカラス対策がきっかけでした。皆さんのコメントが励みになります。 水戸の事、お年寄りの住環境、デザインの事 etc どーかよろしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一週間遅れの夜空に 或いは 一年と一週間遅れの約束

IMG_0171.jpg


「あっ、上がった。」

「ここから先だと混んじゃうし、もうすぐ終わる時間だし。」

…思えばここまで長かったかなー。…

彼はこの1年の長いようで短かった時間を思い出していた。
[一週間遅れの夜空に 或いは 一年と一週間遅れの約束]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/08/15(土) 11:01:45|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

待ちわびて

IMG_6630.jpg

…もうどのくらい、待ったんだろう…。

瞳には映っているはずの、花火も見えはしない。

いつまで待たせるんだろう…。

周りの人は、大きな音と光に 歓声をあげている。

携帯には、友達からの着信があるだけ。

待たされるのは、なれちゃったけど…。








[待ちわびて]の続きを読む
  1. 2008/08/17(日) 15:00:48|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜は十六夜 (後編)

楽しい時間の過ぎるのは、本当に短かった。

会場の中心にある鐘が鳴り響くと、東の空が白み始めた。

ウサギたちは互いに挨拶をして、それぞれの方向に帰り始めた。

「今年のパーティーは終わりです。さあ、ご自宅にお送りします。」

黒服の運転するリムジンが来たときと同じように、すべるように

走り出した。

「今夜はお招きいただいてありがとうございました。」

「とんでもありません、夜更かしさせてしまいました。起きたら

昼間は眠くなりますね。」

やがて車は来たときと同じ場所まで来た。蝶ネクタイはドアを開けて

私が車から降りると、黒服と共に

「パーティーにいらして下さいまして本当にありがとうございました。」

二匹いいえ二人は深々と頭を下げた。

「これで、本当にお別れなの?もう会えないの?」

「私は、ここでお別れします。それでは、これをお持ちください。」

そういうと、女性物の腕時計を私の手にのせた。文字盤に月と太陽が

デザイン化されたおしゃれなものだった。

「私の持っている時計と同じデザインです。

どうか、大事にお使い下さい。」そういうと二人は静かに去っていった。

部屋に入り自分の椅子に座ると床に入ることもなく、睡魔に襲われた。 [今夜は十六夜 (後編)]の続きを読む
  1. 2007/10/25(木) 14:42:53|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜は十六夜(前編)

いつものようにドアを開け、部屋に入るといつものように

食事をしてお風呂に入って、短くて大切な自分の時間が始まる。

週末に読みかけだった本を開き、お茶を頂きながら目が活字を追う。

「トントントン」

いつの間にかうたた寝をしたようだった。…誰?こんな夜中に?何?…

怖かった、おそるおそるドアスコープから外を見ると蝶ネクタイのウサギが

ドアの外に立っている。「え?」

「トントントン」もう一度ドアをたたく音。

思わず「はい」と声を出してしまった。

「お休みの所申し訳ありません。貴女が出したハガキが当選しましたので

お迎えにあがりました。」

2ヶ月ほど前ショッピングモールにおいてあったハガキの事を思い出した。

十五夜に行われるイベントの抽選だった。

「当たったんですか?」「はい、おめでとうございます。」

「今からですか?」時計を見ると12時近い。

「もし、おやめになるならそれでも良いですが、せっかくの機会ですから」

なぜだろう?いつもならそのような席へ出るのを断る私なのに、口から出た

返事は、「はい、チョット待ってください。今着替えますから」

ドアの向こうからは「そのままでいいですよ会場にドレスもありますから」

の声。靴だけを持ってサンダル履きのまま外に出た。

外には、蝶ネクタイにタキシードのウサギとサングラスに黒服の二人がいた

道路に出るとリムジンが静かなエンジン音で止まっていた。

「どうぞお乗りください。」ドアを開け私を乗せると車はなめらかに

走り出した。

「どこへ?」後ろに乗った私は助手席の蝶ネクタイに尋ねた。

「パーティー会場です。間もなく着きますよ。」

会話以外に車内に音は聞こえない。

車窓からは十五夜の月が高い位置に、リムジンは月の光を浴びて

走っている。         
                    

 
[今夜は十六夜(前編)]の続きを読む
  1. 2007/10/24(水) 19:00:42|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の天界から - その先にあるものに

IMG_4655.jpg

いい天気の昼間、神様が空から人間たちのいる地上を見ています。
IMG_4656.jpg

人間の暦の昭和にいた場所とは離れた所に引っ越してきています。
IMG_4657.jpg

田んぼの収穫も一区切りついた秋の風景に、神様は目を細めていました。
[秋の天界から - その先にあるものに]の続きを読む
  1. 2007/09/30(日) 11:17:39|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

Author:トーマス・ベンジャミン
祖父より先祖は
わかりませんが
間違いなく3代前までは
水戸生まれの水戸育ち。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。